注射だけで痩せられる

看護師

施術効果や抑えておく事

副作用のない安全な美容整形の施術方法であるボトックス注射ですが、医療施術なので医師の指示や注意事項を守る必要はあります。ボトックスは注射した後もすぐには効果は現れず、施術跡も残らないといった変化がない特徴があります。打つ前と変わらないのでいつも通り生活をしていると、腫れたり赤みが出たりする事もあるので注意が必要です。美容整形を受けた際によく聞くダウンタイムはほとんどありません。内出血が起こる方も中にはいますが、2〜3日位で治まります。注射の針による腫れも個人差ありますが、もし腫れたとしても数日で消えます。医師の指示や注意事項を守る事でこれらの事が起きたとしても、特に気にする必要のない程に安全な治療方法として世界的に認められています。注意事項はいくつかあるのですが、マッサージをしない事と飲酒を控える事が基本になります。マッサージは入浴やその後の化粧水や乳液などを使用する普段のケアも関わりがあります。強くこすったり肌に圧をかけすぎたりする事で、注入部以外にも効果成分が広がってしまう可能性があります。それにより思ったようなボトックス効果を得られない場合もあるので、最低でも施術後4日程は控えた方が良いと言われています。飲酒は基本的に翌日から可能と言われていますが、アルコールによる血流が良くなる作用により腫れが出ている人は持続する可能性もあります。ボトックス注射は極細の針を使用します。入浴を長くする事も同様に、血流を良くする事で針穴から出血する事もあるので数日は控えておく必要があります。その他は普段通り激しい運動等を避けて生活可能です。ボトックス注射による治療の代表的なものは小顔効果やしわ改善です。これらの効果が広く知られていますが、それ以外に脚痩せにも効果がある事をあまり知られていません。ボトックスは筋肉の緊張を和らげる作用があります。脳から筋肉への神経伝達を遮断する事で筋緊張を和らげ、緊張を避ける事で筋肉が使われなくなります。日常生活には支障はない程度なので心配はいらないのですが、使われない筋肉は次第に痩せていくので痩せる事ができます。大きくや太く見える要因には脂肪以外に筋肉が発達している事でもあります。脂肪は落とせても筋肉を痩せさせる事は難しく、特に日常生活を送る上で脚は必ず使う筋肉です。ボトックスのメカニズムから脚痩せにも効果的であり、特別何もしなくて生活しているだけで希望の脚痩せが実現できます。ボトックス注射をふくらはぎに注入する事で徐々に痩せていきます。施術後は激しい運動を避けて生活を送り、数日後に変化を実感できます。平均で2週間程で状態は安定していき、効果は4〜6か月持続します。その後も定期的に注射を行う事で、半永久的に効果を持続させられますが、打つ毎に効果持続期間は伸びていく特徴があります。脚痩せは以前はエステなどでマッサージや専用の美容機器による施術が一般的でした。現在はより簡単で手術負担や時間の負担もないボトックス治療が、脚痩せを希望する方に注目されています。美容整形外科クリニックで受ける事ができ、医師と相談しながら施術を受けていきます。どのクリニックも保証があり、違和感がある際は相談したりアフターケアを受けたりする事ができます。

Copyright© 2018 安全なボトックス治療で綺麗になろう【悩みを負担なく手軽に解決】 All Rights Reserved.